業務内容詳細|國分行政書士事務所|大船駅|横浜市栄区|鎌倉市|藤沢市|全国有名行政書士事務所880選

業務内容詳細
詳細解説 法人・組合関係
株式会社を設立するには、まず定款を作成し、公証役場でその定款の認証を受ける必要がありますが、当事務所では、この認証手続に関して電子定款認証システムを導入しておりますので、会社設立時に掛かる費用を印紙代4万円分節約することができます。また、設立手続以外にも、有限会社から株式会社への移行手続や事業目的等の各種定款変更のサポート、雇用契約書等の作成や登記簿謄本の取得代行も承っております。経験豊富な当事務所にお任せ下さい。

 ★当事務所への報酬目安(消費税及び法定費用等別)
  ・株式会社設立手続:7万円~
クリアスペース
詳細解説 消防関係書類作成(消防計画等)
高齢者福祉施設や児童福祉施設・集会場・宿泊所・診療所・飲食店等のテナントのように多数の者が出入りする建物において一定の要件に該当する場合、その建物の所有者やテナントの賃借人は、消防法の規定に基づき、建物の所在地を管轄する消防署に消防計画作成届等の一連の書類を提出する必要があります。提出すべき書類は、消防署ごとに若干異なる場合がありますが、①防火対象物使用開始届、②防火管理者選任届、③消防計画作成届の3つが一般的です。当事務所では、これらの書類の作成及び提出を代行致します。詳しくはお問い合わせ下さい。

 ★当事務所への報酬目安(消費税及び法定費用等別)
  ・防火対象物使用開始届:5万円~
  ・防火管理者選任届:1万円~
  ・消防計画作成届(甲種):4万円~
  ・消防計画作成届(乙種):3万円~
クリアスペース
詳細解説 風俗・飲食店関係
以下の営業について保健所や警察署への許可申請や届出等の新規開業手続を代行致します。詳しくはお問い合わせ下さい。

・飲食店営業(居酒屋・料理店・レストラン・カフェ・喫茶店等)
・深夜酒類提供飲食店営業(深夜0時以降も営業可能な居酒屋・バー等)
・風俗営業(接待社交飲食店)

当事務所は店舗面積100平方メートル(30坪)以下のお店専門で開業手続の代行を承って
  おります。
※遊技場営業(パチンコ店・ゲームセンター等)、特定遊興飲食店営業(ナイトクラブ等)及び
  性風俗関連特殊営業に関する業務は取り扱っておりません。

 ★当事務所への報酬目安(消費税及び法定費用等別)
  ・飲食店営業許可申請:4万円~
  ・深夜酒類提供飲食店営業届出申請:8万円~
  ・風俗営業許可申請(接待社交飲食店):15万円~
クリアスペース
詳細解説 古物商許可申請
リサイクルショップやネットオークション等で中古品や新古品を継続的に業として販売するには、古物営業法の規定に基づき、その営業所となる所在地を管轄する警察署を窓口として各都道府県公安委員会に許可申請を行い、許可を受ける必要があります。警察署への申請書類提出から許可取得までは40日程掛かりますが、当事務所でフルサポート致しますので、その分開業準備等に専念して頂けます。詳しくはお問い合わせ下さい。

 ★当事務所への報酬目安(消費税及び法定費用等別)
  ・古物商許可申請:4万円~
クリアスペース
詳細解説 遺言書作成サポート
遺言書を作りませんか?
大事な方を亡くされて、どんなに悲しみの中にあったとしても相続の手続をしないということはできません。しかし、そんな時でも遺言書があれば手続はとてもスムーズになります。「遺言書は相続を争族にさせないための手段」と言われることがあります。確かにその通りなのですが、それだけに限らず、残された遺族に煩雑な相続手続をさせないという最後の思いやりを遺言書によって示すということもまた尊いことだと思います。遺言書を作成する理由は、単に財産が有るとか無いとかということだけに左右されるものではないのです。

遺言書は民法上に「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つの形式が規定されており、このいずれかの形式に従っていない遺言書は無効となってしまいます。このうち当事務所では最も安全で確実といえる「公正証書遺言」の作成をお勧めしております。
公正証書遺言の特徴は以下の通りです。

【公正証書遺言】
証人2人が立会い、公証人が遺言者の口述に基づいて公正証書として作成する遺言書です。
その原本は公証役場で保管されることになります。

~公正証書遺言のメリット~
・最終的な遺言書の作成及び原本保管を公証役場で行うため、形式的にも内容的にも不備がな
 く、遺言書の紛失や隠匿等の心配もありません。
・公正証書として作成されるため、遺言者が亡くなった後に、その遺言書について家庭裁判所で
 「検認」という手続を受ける必要がなく、煩わしい手間が掛かりません。
・例え身体が不自由であったり、入院中であっても、公証人の出張による作成が可能です。

※2020年7月10日より法務局での自筆証書遺言の保管制度(有料)が開始され、この制度を
  利用した場合には、家庭裁判所での検認手続は不要ですが、法務局へは必ず遺言者本人が
  遺言書を持参しなければなりません。また、法務局では遺言書の内容面についてまで審査や
  確認をしてくれるわけではありません。

~公正証書遺言のデメリット~
・公証役場を利用することになるため、自筆証書遺言等に比べると費用が掛かります。
・遺言書の作成にあたっては、証人(立会人)が2人必要となります。

公証役場で公正証書遺言を作成するにあたっては、それに先立って戸籍謄本をはじめとする必要書類や遺言書の原案を用意することになりますが、当事務所では、必要書類の収集や原案の作成、公証役場との事前の打ち合わせ等を代行致します。証人につきましては、証人になってもらう適当な方がいない場合、事前に相談しておけば公証役場の方で証人を手配しもらうことができます(有料)。また、当職や当事務所と提携している士業の者が証人をお引き受けすることも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 ★当事務所への報酬目安(消費税及び法定費用等別)
  ・公正証書遺言作成サポート:7万円~
  ・公正証書遺言証人就任:証人1人につき1万円

 ※上記の他に公証役場への手数料が別途必要となります。
クリアスペース
詳細解説 その他
当事務所は、以下の業務にも通暁しております。詳しくはお問い合わせ下さい。
・考案を要する書類の作成(会社定款・議事録・役員名簿等)
・考案を要しない書類の作成(登記簿謄本の交付請求書・公営住宅の入居申込書等)
・各種許認可申請用CAD図面の作成(平面図等)

※ご相談内容によっては、司法書士や税理士等と提携して業務にあたる場合がございます
 ので、ご了承下さい。
クリアスペース
行政書士 國分 一也
  • プロフィール
  • 【氏名・略歴等】
    國分一也(こくぶかずや):神奈川県鎌倉市で出生。和光大学卒業後、一般企業の総務部に就職。その後行政書士試験に合格し、都内の行政書士事務所勤務を経て、横浜市栄区にて開業。
  • 【所属等】
    ・神奈川県行政書士会 戸塚支部所属
    ・栄区社会福祉協議会 個人賛助会員
  • 【趣味・嗜好等】
    ・ジャズ/SAX演奏←日々研鑽努力中です
    ・阪神タイガースへの熱い応援
    ・珈琲、だし巻き卵
クリアスぺース